読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実©にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ 22話 ネタバレ 感想

漫画 感想

カカフカカ22話 あらすじ

カカフカカ最新話です!kiss2017年4月号掲載(2017年2月25日発売)

カカフカカ5巻(発売日未定)に収録されると思われます。

本行の部屋を出たところであかりと鉢合わせした亜希。そこへ本行が。

亜希になにかされなかったか心配するあかりに、自分が添い寝を頼んだこと、それは亜希でなくてはダメだったことを説明する本行。更につっこむあかりに「たたなくて、かけない」「寺田さんが嫌がることはしない約束」も話します。

一旦各部屋に解散となったものの翌朝あかりに問い詰められ、これまでの成り行きを説明する亜希。理解できない、気持ち悪いと言われ、ショックを受けます。

あかりは長谷にも2人のことを話しますが…。

 

感想

やはりうなじのアレがあかりにトドメを刺していました。これまでの経緯をよーく知っている私にもちょっと消化しきれてないんで、アレは。(正直…あ、噛んだ、さっき俺が、じゃねえよ!いろいろなにしてくれてんだよ、本行!とゆいたいです)

添い寝は寺田さんじゃなきゃダメ、くらいでうやむやにしておけば丸くおさまったような気はしないでもない。しかしそうはならず。

これまでの経緯、亜希の気持ち、先日のストロベリートーク、とほぼ現在の亜希側の全容をつかんだあかりが出したのは。

f:id:ichifmi:20170225015055p:plain

Ekiss 2017年4月号 p169

 

ですよね。至極真っ当なご意見。

あと知らないのは中学時代のことだけ、になるのかな。

この流れで亜希だけを気持ち悪いと断じるのはちょっと不自然で、当然本行に対してもなにかしら感じるところはあるのだと思います。ただ、あれだけ崇め奉っていた相手なので、すんなり受け入れるのは難しそう。そこらへん、中学時代のことと、あかりのバイブルである本行の小説の主人公2人が亜希と本行の投影であることが鍵になる、のでしょうか。

亜希への気持ちを自覚した長谷さんが大きく変わったように、亜希と本行の関係を知ったあかりがこれから変化していくのだろうな、と思います。

 

一方亜希は、いつの間にかバレてもいい、バレてもあかりなら怒ったり、動揺したりしながらもなんだかんだで今まで通り接してくれるのではないかと期待していたことに気づきます。手料理を認めてくれた、寺田さんはそこらへんのミーハーな女とは違う、先に打ち明けてくれて嬉しかった…。

うう、辛い…。あかりも亜希にとっては大事な人で、傷つけまい、なるべくフェアでいよう、とはしていたんだけど。

あかりも辛いけど、亜希も相当辛い。泣きながら飯野の家にころがりこんでもおかしくないレベル(ないだろうけど)

だけど。だけど、本行は はっきりと第三者、しかも自分にプロポーズしているあかりに、寺田さんじゃないとダメみたい、って言った!可か不可か、宣言したよ!(あの修羅場で、ちょっと嬉しそうでしたね、亜希さん)それだけは忘れないで!

 

身体に振り回される本行と亜希、たかが身体、大事なのは気持ち(俺の)!な長谷、迷うあかり。混沌をきわめるこの状況、なんとかおさまる日は来るのでしょうか。

 

次回カカフカカ23話の掲載は4月25日発売、kiss6月号!ちょっと2カ月じっくり考えたいと思います!

 

2カ月待ちのお供に!台湾で発売されている中国語版カカフカカ。本行が亜希のことを呼ぶ意外な呼び方とは?そして、長谷先生…!

blog.2kkfkk2.net

過去記事イチオシ!あの夜、本行は亜希のためになにをしたのか?何考えているかわからない人物No. 1(当blog調べ) な本行の本心を、お風呂に関する些細な会話から読み解きました! 

blog.2kkfkk2.net

 

2017年2月25日発売のkiss4月号にカカフカカ22話掲載です!

漫画 まとめ

前回kiss3月号にてここでか…!と誰しもが思うすごいところで続く、となったカカフカカ21話。次回は5月号に掲載と予告されていました。

しかし!先日予約が始まったkiss4月号のAmazon、楽天、iBooks他の商品説明にはカカフカカ掲載の文字が!

 

よくわからないので講談社に問い合わせたところ、昨日お返事をいただきました。

 

というわけで、うれしい誤算!kiss創刊25周年記念号を尻目にひと月悶々と過ごす覚悟でしたが、あと!6時間で!待ちに待った続きが!読めます!→もう読めます!

 

本行の部屋を出たところであかりと鉢合わせた亜希。どうするあかり?どうする亜希!0時を正座して待ちます!→kiss4月号発売になりました!


 

 

ネタバレ感想はこちら。

blog.2kkfkk2.net

 

台湾で発売されている中国語版カカフカカ。本行が亜希を呼ぶ意外な呼び方とは?そして、長谷先生…!

blog.2kkfkk2.net

 

中国語版カカフカカ「可以不可以?」

漫画 感想

 とんでもないところで以下次号、となったカカフカカ21話ですが、22話掲載(3月25日発売kiss5月号)まではまだまだまだまだ軽くひと月以上、それ以前にkiss4月号すら発売されていないという…。え?時空、歪んでる?→なんと!次号予告が変更となり、kiss4月号にカカフカカ22話掲載だそうです!

 

あまりに悶々と煮詰まりすぎて干からびそうになっていたところに、石田先生のこのツイートが。

海外でカカフカカが発刊されているとは!へえ、カカフカカ=可以不可以なんだ、そのままだな。NT$ 100元(台湾ドル)≒360円、HK$30元(香港ドル)≒434円か。

…欲しい、欲しいぞ!

 

というわけで手元に中国語版カカフカカがやってきました。(知ってる中国語は你好と謝謝しかありませんが)まあでもなんとかなるよね、同じ漢字圏だし、と思って読み始めたら、ほんとになんとかなってしまいました。それどころか新たな関係性に目覚めてしまったり、しなかったり。まあ日本語で暗記するほど読んでいるからこそであって、他の本ではビタイチ通用しませんけど。

 

以下、フィーリングで気付いたことをつらつら書いてみたいと思います。22話までの待ち時間のお供に、よろしければ。

 

一番気になったことが、呼び方、です。日本語版カカフカカでは本行も長谷さんもあかりも「寺田さん」ですが、中国語版では本行は亜希のことをこう呼んでいます。

f:id:ichifmi:20170218223807j:plain

 寺田同學。

學=学なので、同級生っていう意味なんでしょうね。

 

 長谷さんとあかりはこう。

f:id:ichifmi:20170218224320j:plain

寺田小姐。

 

f:id:ichifmi:20170218230146j:plain

こんな感じで明確に分けられています。

 

そして!さん付けでもう一つのパターンが意外とグッと来ました!

f:id:ichifmi:20170218230409j:plain

長谷先生…!

これ、呼ばれているのが上にも載せたメガネ長谷さんなんですよ!あえて中国語で先生の表す意味は調べないで書きますが、亜希と長谷さんの関係性が強調された感じで、私はハッとしました。

長谷先生にあんなことやこんなこと、されちゃうのか…。

 

でもやっぱり検索してみたところ(小心)、先生は年上の男性につける敬称で、英語のMr.にあたるらしく、日本で言う教師のような意味はないようです。…しまった、暴走した…けど消さない。

こうして考えると、日本語の「さん」付けは便利ですね。年下でも年上でも、男でも女でも性別不明でも通用しますもんね。

 

あと、カカフカカは本行が抱えている問題が問題なだけに、いろいろぼやかした言い方があちらこちらにあるので、それを踏まえて翻訳するのは大変そうだな、と思いました。

f:id:ichifmi:20170218235214j:plain

大変そう。

 

そんなわけで大変楽しく読ませていただきました、中国語版カカフカカ。現在1巻まで発売されているようです。

自分も買ってみたい!とおっしゃる方のために当blogで入手した方法を記載しておきます。

海外にも発送して下さるネット書店として今回お世話になったのが、

博客來さんです。

www.books.com.tw

3月6日までなら100台湾$→85台湾$と値下げ中!台湾国内ならセブンイレブン受け取りも可能でしたが、さすがに日本の店舗は無理みたいで宅配してもらいました。送料込みで315台湾$でした。日本円だと1200円ほど。セール中とはいえやっぱりちょっとお高いですね。

買わないまでも、上記の商品紹介を見ていただくだけでも結構雰囲気がわかると思うので是非どうぞ。会員登録(商品紹介は登録しなくても見られます。)とかもちろん中国語なのですが、それほど苦労せずなんとなくできてしまったので、やっぱり漢字文化はすごいな、と思いました。

 

日本でのカカフカカ最新話!kiss4月号掲載のカカフカカ22話ネタバレ感想。亜希と本行のいろいろを知ってしまったあかりの反応は?

blog.2kkfkk2.net

 

kiss3月号掲載の21話感想はこちらから!ついにあかりにうちあける、のか?そして本行がとった衝撃の行動とは?

blog.2kkfkk2.net

 

保存

カカフカカ 21話 ネタバレ 感想

漫画 感想

カカフカカ21話 あらすじ

kiss2017年3月号掲載(2017年1月25日発売)

カカフカカ5巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

kiss4月号掲載のカカフカカ最新22話のネタバレ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下は21話のネタバレ感想です。

 

本行に伝える前にあかりに言うべきでは?と気がついたものの、何をどこまで言っていいものやら悩む亜希。”協力関係”についてはその原因を本行があかりに話していない以上、自分から言うべきではない、と「本行のことがすきになってしまった」ことのみを伝えます。

f:id:ichifmi:20170125232653p:plain

Ekiss 2017年3月号 p367

 

淡々と言葉を返すあかりにビクビクしていた亜希もほっとした様子。しかし、別れ際、あかりの言葉を聞いた亜希は罪悪感に苛まれます。

 

亜希は本行から中止になった添い寝のやり直しを提案されますが当然のことながら断れるはずもなく、”フツーの”添い寝が始まります。複雑な思いの亜希に、本行はとんでもない話を始めた上、驚愕の行動を!!

 

そして眠りにつけず、本行の部屋を出た亜希はあかりと鉢合わせてしまい⁉︎

 

感想

 

本行のネックグリップについては非常に長くなったので、興味のある方は下の方で読んでいただくとして、今回のストーリーについて。

 

亜希から気持ちを打ち明けられたあかり。

確認する項目がいつから、とか、どこが好きなのか、とかではなく、「好き」の種類について、と気持ちを伝えるつもりかどうか、というのが非常にあかりらしい。恋愛感情であり、本行の執筆の妨げとならないのであれば自分が口を挟む余地はない、ただし叶うわけないので(智也の運命の相手は私だから)告白するつもりなら辛いことになるよ、でもそれは(私と智也が出会ってしまった)巡り合わせの問題だから、気を落とさないでね、ということかな。

そしてライバルとなった亜希が本行よりも先に自分に打ち明けてくれたことに対し、複雑な思いを抱えながらも、嬉しかった、ありがとうと伝えるあかり。

あかりかわいいよ、あかり。見込んだ通りの潔さ!素晴らしい。

それだけに今回のラストが辛い。いつかこうなることはわかっていたけれど。亜希が一方的に部屋を訪ねたことにするのか、本行から求められたことを言うのか、亜希がどう説明するにせよ、裏切られたことには変わりなく。しかもそのうなじには、言い逃れのできないマーキングが。

 

えー…(絶句)。

f:id:ichifmi:20170125151230p:plain

Ekiss 2017年3月号 p386

 

なに、なさってるんですか。

 

どうなさいましたかね、本行さん。突然動物行動学にでもハマったのでしょうか。それとも前回長谷さんに宣戦布告された言葉、「マーキング」で検索でもしてみた、のでしょうか。(私は思わず「マーキング 噛みつき」でググりました!)

 

実は当blog、本行の本心を探ろう!というのがひとつのテーマでして、これまでにもシェアハウスの間取りと本行のソファでの定位置から*1、あるいはお風呂に関する些細な会話から*2、本行の気持ちを推測した記事を書いております。ほとんど妄想に近いものもあったりしますが。

…が、今回は難易度高いっす!珍しく本行がたくさんしゃべっている、のですがこれは…。うう〜ん。

 

ただ気になったのは、普通未婚の男女がコトに及ぶにあたり、行為の本来の目的である生殖については無視されるどころか、むしろ避妊というかたちで排除されることがほとんどだと思うのですが、本行はちゃんと意識しているんだな、ということ。妊娠疑惑で興奮するとか、今回の猫の排卵の仕組みがよくできてる、しかも添い寝しながら亜希にそれを話すとか。まあ2年間悩みの種だったわけで、初心に立ち返った、のかもしれないけれど。

 

それにしても。古今東西キスマークでのマーキングは数あれど、噛み跡ってすごい。だって、あの場所じゃ絶対言い逃れできない。キスマークなら虫さされとか、ぶつけたとか隠すとかできるけど、歯型くっきりだし、自分じゃ届かないうなじだし。

そして。アレが最も効果を及ぼすのは誰か。考えればわかる、あかり以外いない。

 

長谷さんはまあショックだろうけど、そういう関係であることは既知なので。

本行的には長谷のマーキングへの応酬なのかもしれないけれど、どう考えたって一番殺傷能力が高まるのはあかりに見られたときだ。

あんなにも正面から体当たりで気持ちを伝えているんだから、せめて正面から断られてほしいと思うのは間違っているんだろうか。

流れ弾に当たって傷つくあかりは見たくない。どうかアレに気がつきませんように。

 

来月は掲載お休みなので、22話が掲載される2017年3月25日発売のkiss5月号まで悶々とします!

 2017年2月25日発売kiss4月号、創刊25周年記念号に掲載です!

最新22話のネタバレ感想はこちら! 

blog.2kkfkk2.net

当blogイチオシ!あの夜、本行は亜希のために何をしたのか?何気ない会話から本行の本心を探りました!

blog.2kkfkk2.net

 台湾で発売されている中国語版カカフカカ!気になりませんか?読んでみました!

blog.2kkfkk2.net

 

 

「ハイばんざい」について熱く語る

漫画 感想

「ハイばんざい」とは、カカフカカ4巻に収録された第16話のひとコマです。f:id:ichifmi:20170108223020p:plain

カカフカカ4巻 p45

 

このコマがかわいいんですよ!という話をします。(がっつりネタバレしてます)

 

できれば合わせてこちらをご覧ください。

このコマの舞台となった本行の部屋はシェアハウスの中でどこに位置するのか?亜希と本行の関係は間取りなくして語れない!間取りから本行の本心を考察してみました!

blog.2kkfkk2.net

 ここで少し触れた、「ハイばんざい」に至るまで、を語ります。

 

まず、少し遡って15話から。

予約もした、キスの許可も取り付けた、でも肝心の報告がない。もうさすがに終わっただろうとリビングで待ち構え、ようやくこぎつけた添い寝最終回。

f:id:ichifmi:20170109001355p:plain

カカフカカ4巻 p33

 

f:id:ichifmi:20170108232147p:plain

カカフカカ3巻 p104

 

本行にとってはめんどくさいはずの入浴なのに(普段はシャワーだけ)、この日は多分亜希のためにちゃんとお湯をはり、いつもならぼーっと1時間くらいかけるところ、お湯が冷める間もないくらいさっと済ませて、出てすぐ亜希を呼びに行ったのではないでしょうか。今ならお湯沸いてるよ、寺田さんも入ればって。

言われた通り続けて入り、上がってすぐ、ホカホカのままリビングに直行し、襖を開けた亜希、ベッドに座って待つ本行…ということだと思うんですよ、この会話から推測するに。

あー、二人ともかわいいなあ…。

 

このお風呂についての会話、最初読んだ時には若干不自然さを感じましたが、二人の緊張とか気まずさを現してるんだな、と読み流していました。それもそうなんだけど、それだけじゃなかった!めっさ気を使ってる、本行さん。そして気合い入りまくり。

この会話の意味に気がついたとき、やっぱりすごいな石田先生、と思いました。

しかもこれ、前回の添い寝の前に亜希がお湯はって本行もあとで入れば?って言ったのを覚えてたんじゃないかなー。

某所で本行が挨拶するようになったのは亜希に挨拶されたからじゃないか、と書いてる方がいましたが、うーむ、そうなのかも。

 

閑話休題。

正面からのキス、そして”直結した”横顔をはさんで左手ホールド付きの「こういう」キス。更にその先へ進もうとしておあずけをくらい、不満気な本行さん。亜希の疑問に答えつつも、口はへの字口のまま(笑)

いつもの調子を崩さない亜希と話すうち、反省したのか(がっつきすぎ?)、落ち着いてきたのか、こちらもいつも通りに戻ります(手は亜希の服につっこんだまま)。

そして続けます(敬語)…からの「ハイばんざい」!

 

どうしてここで、あえて服を脱がせたんでしょうね?さっきまでの流れだと、押し倒してそのまま勢いでなだれ込む感じでしたけど。

 

もう待てない、というのはひとつありそうです。散々待て、されましたもんね。

最終確認、というのもありそう。

前回の添い寝の時のように服を着たままとか中途半端なことはしませんよ、というのもあるかな。

照れ隠し、は絶対ある。

 

そして何より、素直に従う亜希さんですよ。なんでしょうこの関係は。

私が長谷さんなら、どんな行為を見せられるより脈のなさを思い知ると思います。だって「ハイばんざい」だもん。言うか?そしてするか?ってつっこみます。

 

あの小さなコマに、他のどんな組み合わせでも出せない二人の関係性がズバリ描かれていて、私の大好きな場面なのです。

相手をある程度信用してて、ちょっと雑に扱う、のがツボなのかなぁ。(ツイッターのヘッダーにもしている「友達の婚約者じゃなくてもどうかと思うよ?」も好き)

でもこういう、それまでの緊張感をふと緩ませる、崩したコマのセンスは石田先生独特で、これが唯一無二な雰囲気につながっている気がします。

 

さて、16話でもう一つ気になるのがまくら半分こ。以前少し触れましたが、加筆されてさりげなく強調されていることから、これも多分意味があると思います。普通に考えたら、添い寝de寝直しじゃないなら、一緒に寝る必要はないわけです。本行の部屋から出て来たのを目撃されたらアウトなので、朝よりは夜中のほうが危険は低いはず。だけど半分こねって言われたらそりゃ帰れるわけがない。

「今までありがとう」の破壊力も増すというものです。

 

この、カカフカカ第16話が掲載されたのが2016年6月25日発売のkiss8月号。第17話の発表はきっちり2ヶ月後、8月25日です。この2ヶ月、あまりにもカカフカカのことで頭がいっぱいになりすぎて、いろいろいろいろ考えすぎて、ついにパンクしてできたのが、このblogです。アウトプットしないと死ぬ、と思いました。インターネットがあって本当に良かった。

 

問題の第16話、感想はこちらから!

blog.2kkfkk2.net

本稿と合わせて是非! 本行の定位置、ソファ右端 からは何が見える?当blogの主張と長谷さんの見解が一致した間取り考察第一弾はこちらから!

blog.2kkfkk2.net

カカフカカ4巻、暴走した長谷さんとピンチの亜希の続きはどうなった⁉︎ 20話ネタバレ感想はこちらから!

 

blog.2kkfkk2.net

 ついにあかりに打ち明ける、のか?そして本行のとった衝撃の行動とは?

blog.2kkfkk2.net

 最新話!亜希と本行のいろいろを知ってしまったあかりの反応は?

blog.2kkfkk2.net

 

 

 

 

 

カカフカカ 20話 ネタバレ 感想

漫画 まとめ 感想

カカフカカ20話 あらすじ

kiss2017年2月号掲載(2016年12月24日発売)

2016年12月13日に発売されたカカフカカ4巻の続きになります。

 

最新22話のネタバレ 感想はこちら!

blog.2kkfkk2.net

 

 

以下20話についてです。

 

部屋の片付けのバイトに誘った亜希に対し、意識せざるを得ない事実を作ってしまおうと攻めに出る長谷。

 

唇に触れた感覚に驚き、思わず叫んでそそくさと部屋を出た亜希は自分が油断していたこと、本当はわかっていたのにいい気になってうかれていたことに落ち込みます。

しかし、それにより気がついたことも…。

 

一方コーヒーを淹れる長谷に近づき、昨晩亜希からした匂いの正体を知った本行。確かめる本行に、長谷は「マーキングしといたから」と。

 

その晩、部屋に2人きりの亜希とあかりはビールをのみながら、ストロベリートークをすることに。

 

感想

 

自信がない故、自分の直感を信じられない亜希。側から見ていると迂闊すぎてハラハラしますが、長谷の思惑通りにはなりません。

むしろ自分の気持ちを改めて認識する結果に。

しかも、さらっと書いてあるけれど、ちゃんと「未来」が希望通りになるようにシミュレーションもしていて、「誰かを積極的に求める」自分に従うことにしたんだなあ、と。そのためにはまずは通さなければならないすじがある、ことにも気がつきました。

 

亜希が長谷と何かあったらしい事を知った上、長谷から宣戦布告を受けた本行。

当blogでは「リビング入り口が見通せるソファ右端で亜希を待ち伏せしている説」を主張しておりましたが、長谷さんもどうやら同じ見解のようです。

 

blog.2kkfkk2.net

宣戦布告をした、ということはつまり、本行が同じ土俵上にいると認定したわけです。受けた本行はどう反応するのでしょうね。

  

f:id:ichifmi:20161224132211p:plain

Ekiss 2017年2月号 p252

 

意外と第三者を介さず直接絡むことが少ない2人。長谷さんの回想シーン以外では初かもしれません。

 

重苦しい空気の男性陣とはうらはらに、盛り上がりを見せる女性陣。珍しく亜希が語っています。そしてあかりが嬉しそう。こういう系の話って、具体例に走って無駄に生々しい割りに聞き手にとってはあまり得るものがないよね、となりがちなのですが、あかりが上手くリードしている感じ。導かれた亜希が最近の怒涛の出来事を落とし込んで整理できたのかな。いいなあ、ビールのみながらこういう話ができる友人て。

何気にこの2人が一番ちゃんと言葉を交わしているペアなのでは。

しかし良い関係になって来ただけに、亜希が抱えていることを打ち明けたらどうなってしまうのか?そこは避けて通れないだろうし。でもあかりの潔さは信用してるから、あんまり心配はしてない。

 

一番心配しているのが、長谷さん。プライドを捨てて家主としての権力を使えば、本行を遠ざけて亜希を手に入れるくらいはできる筈ですが、それはしてほしくない。その道の先を歩くのは、あの人だ。そちらへ行ってはダメだー、と言いたい。でもこのまま何もしないわけもなく。

 

相変わらず先が気になりすぎる!この続き、カカフカカ21話のネタバレ感想はこちら!

blog.2kkfkk2.net

 

当blogイチオシ!「ハイばんざい」について熱く長く語りました。 お風呂についての何気ない会話から本行の影の努力が垣間見えた⁉︎「今までありがとう」に絶望したみなさん、あの夜に本行がどれだけ期待していたか、知りたくありませんか?

blog.2kkfkk2.net

20話掲載誌に関する情報はこちらから。

blog.2kkfkk2.net

コミックス4巻までを並べてみると…?その視線の先は? 

blog.2kkfkk2.net

 最初からおさらい!1話からの感想はこちら。 

blog.2kkfkk2.net

 

 

 

保存

保存

カカフカカ4巻続き、20話雑誌Ekissで公開されました!

漫画

 

カカフカカ4巻を読み終わり、あまりのひきに悶絶しているみなさん、こんばんは。同志よ…!

 

カカフカカの掲載誌である講談社kissに20話が掲載されます。

本来kissは毎月25日発売なのですが、今月は日曜日にあたるため、24日発売です。しかも、講談社さんは電子書籍も雑誌発売日に日付けが変わると同時に配信されます!

つ・ま・り、あと4時間足らずで4巻の続きが読めてしまうのです!

追記) 既に公開されました!

 

しかも!20話はセンターカラー‼︎15話以来のカラーですよ!

コミックスに収録されるときは白黒になってしまうので、カラーで見たい方は雑誌購入必須です。

 

そして今回4巻を買って思ったのが、単行本加筆ハンパないな、ということ。

私自身雑誌で1話ずつ読んだときとはずいぶん印象が変わりました。

まあ、それを楽しみとするか、最初から完成品として読みたいかは人それぞれなのですが。

あと、どうしても1話分だと!カカフカカ成分が足りない!もっともっと続きを!とどんどん禁断症状が重篤になる感は否めません。読者というのは貪欲ですよね…。

 

私は既に末期症状を呈しており、カカフカカというマンガに関して、公開されているのに読まない、という選択肢はないので、ノータイムで購入し続ける所存です。

 

0時を正座して待ちます。→読みました!

 

20話速報ツイートはこちら。

画像はkiss公式アカウントから。

 

感想書きました! 

blog.2kkfkk2.net