?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

最新話 カカフカカ34話 あらすじ 感想

 

カカフカカ34話あらすじ(ネタバレ注意)

 

カカフカカ最新話です!kiss2018年5月号掲載(2018年3月24日発売)

カカフカカ7巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

約束がちがう、と長谷に言う本行。

最後の添い寝のあの朝、本行が「寺田さんと添い寝もしたいし ハセの近くにもいたい」と主張した時、「はは、そうだな トモ そういう奴だよな おまえは」と顔を歪めた長谷さんでしたが、この二人のやりとりにはなんと続きがあったのでした。

「アレも欲しい これも欲しいだけじゃズルくないか?」

「とりあえず仕上げろ  次の仕事」

「わがまま通したいんなら 最低限のやるべきことは やっとくべきだよな」

「それが完成するまでは 添い寝…つーか 寺田さんへの 必要以上の接触は禁止な」

「ああ あと この約束のこと 寺田さんに話したら無効だからな」

言葉巧みに本行をのせる長谷。つきあった途端そっけなくなったように映ったのは、本行がこの約束を忠実に守ったからだったのでした。

 

久々にソファで待ち伏せをされた亜希さん。ハセとつきあってるってほんと?と確認され、ごめんね、言わないで、と謝りますが、

「いやだ」

「寺田さんとハセがつきあってんのが  いやだ」

f:id:ichifmi:20180324005231j:plain

Ekiss 2018年5月号 p441

 

は?となる亜希。

「うん 言った けど やめる」

「やめた …本行のことすきなの」

「だって本行 つきあってから余計に 何考えてるか 分かんないし …聞いても教えてくれない…」

でもそれは…といいかける本行を遮り、

「何か理由があったんだとしても そういうのも含めて もういい」

本行の言動に勝手に期待したりへこんだりする自分がいやになった、と。

それを聞き、わかった、と去る本行。

そこへ長谷さんが登場。本行に言われたことを確認し、寺田さんはやっぱりトモのこと好きなの?と亜希に聞きます。昨日今日で消えるもんでも、と謝り、でも逃げ100%ってわけでもなく、ちゃんと好きですから、と伝える亜希。

抱きしめられ、気持ち良さを感じる亜希は、もっといっぱい触れればきっとすぐにでももっともっと長谷を好きになっていくのでは、と二人でどこかゆっくりできるところへ行こう、と提案します。すると長谷は前の彼氏と今の彼氏、一緒に住んでいる時点でふつーじゃないよね、いい機会だしシェアハウスを解散しようか、と…⁉︎

 

感想

 

うおーい!

かんっぜんにダマされたんですけど、長谷さんに!!!ああああ、やっぱり、やっぱりこういう人だったじゃんかー!しっかりがっつり企んで、見事にはめこんだじゃんかー!

うおおお、いっそ清々しいな、これ。

 

というわけで、みんな長谷さんの手のひらの上でした。

そして間髪入れず、シェアハウス解散により引き離しにかかるんですねー。手際が見事すぎる。

 

けど。亜希さんアレっ?てなってます。

長谷さんの企みはハマってます。ハマったんだけど。

亜希さんの触られフェチっぷりも半端ない。そういう小手先のことよりも、思わず抱きしめちゃったり、キスしちゃう長谷さんに惹かれているのは間違いなさそう。もっと好きになれるんじゃないかって、「それ以上」をアピールしてるし。

長谷さんのすべきことはシェアハウス解散じゃなくて、亜希さんの言う通り、もっともっと触れることだよー。まわりを遠ざけるんじゃなくて、自分が離さないことだよー。

長谷さんは約束のことを知られたくないんだろうけど、例え知られたとしても、亜希さんの望む通りにスキンシップを重ねていれば大丈夫だと思います。

でも。そうはならないんだろうな。まさにそこが本行のつけ入る隙になるんだと思う。約束がどうとかではなく、俺が触りたいんだ!って来られたら陥落するんだろう。

 

好きだから触られたいのか?触りたいから好きなのか?

 

どっちもだよ!

 

やっぱりやっぱりおもしろい、カカフカカ!本行がこのまま引き下がるわけがない!わかった、と言いつつきっととんでもないナナメ上行動に出てくれるに違いない!

この先が楽しみすぎるカカフカカ35話はKiss6月号2018年4月25日発売に掲載です!

 

ところであかりは?

 

 

 

あの、甘々な展開の直後にこんな鬼畜な陰謀術数(言い過ぎ)が仕込まれていたとは!しかしハセのそばにいたい!つった友人?同居人?に対してこういうことしちゃうのか…長谷さん…。

思わず読み返したくなる28話、あらすじ感想はこちら!みなさんもレッツ読み返し! 

blog.2kkfkk2.net

 それまで疑いに疑っていた当blogですが、まんまとだまされた挙句に照れ長谷にやられてしまった31話感想はこちら!

blog.2kkfkk2.net

 

カカフカカ33話 あらすじ 感想

カカフカカ33話あらすじ(ネタバレ注意)

 

最新34話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下は33話についてです。

 

kiss2018年4月号掲載(2018年2月24日発売)

カカフカカ7巻(発売日未定)に収録されると思われます。

なんとKissの表紙がカカフカカです!100万部突破!とでっかく書かれております。

EKiss 2018年4月号[2018年2月24日発売] [雑誌][Kindle版]

EKiss 2018年4月号[2018年2月24日発売] [雑誌][Kindle版]

  • 作者:川端志季,柘植文,二ノ宮知子,小沢真理,志村貴子,石田拓実,瀧波ユカリ,藤沢もやし,六多いくみ,こやまゆかり,TONO,海野つなみ,なかはら・ももた,磯谷友紀,谷川史子,高須賀由枝,久世番子,ももち麗子,ひうらさとる,東村アキコ,花本鹿乃子,鶴ゆみか,ともえ,アイビー茜
  • 出版社:講談社
  • 発売日: 2018-02-24

この!本行の!独占欲だだ漏れなかんじが!亜希さんは亜希さんでこれ、恋人以外には見せたらダメなやつ!ドア開けちゃってすんません、続きどうぞ…って退散するやつ…ドアを開けたのが長谷さんだったら長谷さん病んじゃう…とか書影見たら妄想が止まらなくなって目が冴えて、朝5時起床になってしまった発売日前日です。背景もももいろラブストーリーだから?4月号だし?ピンクです、ピンク!ほんとさいこう!これは電子書籍とリアル雑誌両方買っちゃうパターン…。

 

さて、本編です。以下あらすじ。

これまでの経緯をシェアハウスの紹介者であるのりちゃん(と飯野)に報告する亜希。

ここからはのりちゃん劇場。

ビッチ、とかチョロい、とか。

のりかえ先ができたから別れた、とか。

好きよりしんどい・辛いが勝ったのなら全然逃げていい、とか。

そして話はのりちゃん自身のことへ。

「私も好きな人いたことないよ」からの、「この世の中で自分のことが一番何より誰よりかわいくて大事」、だから「大事な私を一緒に一番大事に思ってくれてる人と一緒にいることにした」

のりちゃんの無敵要因を垣間見た2人。

帰宅してのりちゃんに報告してくれて嬉しい、と長谷に抱きしめられる亜希。玄関までお見送り(からのキス!)をしたり、2人で外食からの手繋ぎなど、「自分のことを確実に好きでいてくれる人間が目の前にいる」安心感に浸ります。

 

一方長谷から「寺田さんとつきあってるから」と聞かされた本行は…?

 

感想

のりちゃんつよい。

 亜希さんが見ないようにしていた部分を余すところなく言語化してくれるのりちゃんスゴい。

自分を一番大事に思ってくれてる人と結婚した、迷いのないのりちゃんを見て「なるほどなあ」と納得し、長谷さんにとって私は価値がある、と安心する。

私には、どうしても自分に「本行と別れたのが正しかったハズだ」と言い聞かせるための証拠集めに見える。

そしてそうやって積み上げたもので自分を囲って外側も内側も見ないようにして…。

でも多分、それは一瞬で崩れ去る。

この人の、見たことのない顔を見たい。安心とは対極にあるその欲望に向き合うとき、正解はきっと意味を持たない。

 

今回もキモい長谷さんが本当にかわいくて、この日々が続いてほしいとは思うんだけど。

 

これからどうなるのか、本当に目が離せない!カカフカカ34話は2018年3月24日発売のKiss5月号に掲載です!

激アツな展開の34話 あらすじ感想はこちら!

blog.2kkfkk2.net

 

 

 

Ekissバックナンバー半年分が108円に値下げ中!(2/8まで)

電子書籍各店で、講談社の少女漫画雑誌過去半年分のバックナンバーが108円で購入できます!

我らがカカフカカが掲載されているKissももちろん、108円!

通常コミックスには5話分が収録されて432円なので、1話ずつ購入と考えるとちょっとお高めですが、カカフカカ以外にもいろいろ読めるのでお試しで購入するのもいいかも?

2月8日までの期間限定です!

 

では、これからそれぞれの見どころを紹介しますので、しばしお付き合いください。

 まずカカフカカ26話掲載の9月号。本行から見た中学時代の亜希さんが見られます。あとあかりがものすごくいいこと言ってます!あかり最高!

長谷VS本行もあったりして、見どころたくさん!

 



どれか一冊、というなら断然おススメなのがカカフカカ27話掲載の10月号!

中学時代のあの出来事について本行がしゃべりまくります。最初から最後まで添い寝だから!控え目に言ってさ・い・こ・う!

おまけにドラマ放映中の「海月姫」最終回も載ってます。

 



次におススメなのがカカフカカ28話掲載の11月号。

あの本行がこんなことをするとは!甘々本行の破壊力を是非とも見てほしい!読むときは1人でこっそりがおススメ(ニヤニヤするか、悶絶するか、どちらかは避けられません)

 



カカフカカ29話掲載の12月号はあんまりおススメしません(キッパリ)。

2月13日発売のコミックス6巻にも収録されるし、ここだけ読んでもモヤモヤが止まらないこと間違いないです。

水族館マニアとサメの繁殖方法に興味がある方はどうぞ。

 



カカフカカ30話掲載の1月号は、コミックス6巻の続きになるので、先に購入しておいて、6巻読了後に読む、のも良いかも。29話と同様にモヤモヤ回です。

 




長谷派におススメなのがカカフカカ31話掲載の2月号です!この長谷さんはグッときた。これだけ気を使ってくれて、酔うとかわいくなって、金持ちでしかもイケメンとか!長谷派のみなさまにおかれましては、照れ長谷を思う存分堪能していただきたい!

 


いかがでしたでしょうか?ペットボトル1本分のお値段でかなり楽しめるんじゃないかと思います。

リンクを貼ったのはアマゾンですが、他の電子書籍各店でも同じです。

アマゾンならアプリを入れなくともブラウザで読めるので、電子書籍とか買ったことないし、という方でもすぐに読めます。

寒波を乗り切るためにおうちでぬくぬくカカフカカざんまい!最高!

カカフカカ32話 あらすじ 感想

 

カカフカカ32話あらすじ(ネタバレ注意)

 

kiss2018年3月号掲載(2018年1月25日発売)

 

カカフカカ7巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下は32話のあらすじ感想です。
 
 
長谷に正面から「好きだ」と言われ、「嫌いじゃないです、キモい長谷さん」と答えた亜希。
ゆっくりと近づく長谷の顔に、「いつかに似てる」「うん、似てるけど」「ちがう」と目を閉じ、キスを受け入れます。2人とも驚きながら、キスを続け、亜希はその心地よさに浸り…しかし、さすがに服に手がかかったとき、咄嗟に「ごめんなさい」
「あたし、まだ本行とつきあってるんで」
それを聞いた長谷は「まだ、って言ったね」と嬉しそう。わかった、今日はやめとこう、と亜希の頭をポンポンして帰ることに。
 
部屋で1人今夜の出来事を思い出す亜希。好きと言われて嬉しかったこと、長谷とのキスが全然嫌ではなく、むしろ心地よかったこと、簡単にキスしてしまった反省、そして酔っていたからこそ、好きなのは本行だとしても、長谷が気になっていることに気づいてしまいます。「わたしは多分」「長谷さんのことを好きになる」「好きになれる」
これは逃げ?と思いつつ、つきあい始めたあとの本行の態度、なんとかしようと必死でした添い寝の提案もあっさり流されて心が折れ、進むことも戻ることもできなくなっていた現状を振り返り、ついに決心します。
 
台所に現れた本行につきあい始めてから急に素っ気なくなった理由を尋ねると、目をそらし
「や、別に」「そういうつもりは」「今はやることとかも色々…」とモゴモゴ。
そんな本行に
 
-ダメだ
ごめん
やっぱりもう無理
寺田亜希24才
逃げます。-
 
「つきあうのやっぱりもうやめにしていい?」
「そう うん わかった」
 

f:id:ichifmi:20180126224254j:plain

Ekiss 2018年3月号 p63
 
感想
 
ずるくない?そこでその顔はずるくない?
 
全て長谷さんの目論見通りに進んでいる、ように見える。"トモを相手にしても虚しい だけ"これその通り。
でも、じゃあなんでそんな顔するん?
…とまんまと魔性、本行にしてやられる私でしたが、亜希さんは偉かった!
-もう考えない もうこういうのにふりまわされないって…、逃げるって決めた-
と振り切ります。
本行は何を考えているか、何を望んでいるかわからない。だから、こわい。好きだから、こわい。こわいのはいやだ、安心していたい。
本行の何が好きって、触られて心地いい、もっと触って欲しい、なんですよね。これは19話で長谷さんが「トモを好きになったのだって(中略)自分が必要とされてその上で接触を重ねたからだろう」と分析したとおり。そして全く同じ「結婚してほしい」「そばにいてほしい」「好きだ」と言い続け、ハグ→キス→ハグ→キスと着々と接触を積み重ね…。
 
完全に状況を読みきった長谷さんの独り勝ち。
どん底の時に家の中にこんな策士のイケメン(金持ち)がいたらまあこうなるよね…。
 
しかし、シェアハウスの同居人の2人と次々につきあって、しかもその内1人は友だちも好きだったのを知ってた上で、とか話だけ聴くと一体それはどんなオンナだ、と思いますね。私が長谷さんの友だちなら、そいつはやめとけ、と言うと思う。
 
さて、当然これでめでたしめでたし、なわけはないんですが。正式に本行と別れて、長谷さんとつきあうとなると…ちょっとこれ、今後どうやったら亜希さんと本行が接触するのか想像がつきません。身体的な接触はほとんど不可能だし。またしゃべるのかなー、27話みたいに。何をどうしゃべったら亜希さんが本行の方を向くというのか…。長谷さんも黙ってるわけないし。
物語はどこへ向かうのか、気になる次回33話は2018年2月24日発売のKiss4月号に掲載!そしてなんと!カカフカカが表紙です!楽しみだ!
33話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 そして、講談社さん太っ腹!2月8日までの期間限定ですが、今ならEkissの過去半年分がそれぞれたったの108円で読めます!普段なら432円なのでなんと75%OFFです!

6巻発売まで待てない方や、あるいはネタバレを読んでどうしても読みたい話がある方、Kissってどんな雑誌か知りたい方も!今なら百均ですよ〜。
おススメ、非おススメ紹介してます。お試しの参考に是非どうぞ! 
 

カカフカカ31話 あらすじ 感想

カカフカカ31話あらすじ(ネタバレ注意)

 

kiss2018年2月号掲載(2017年12月25日発売)

 

カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 カカフカカ7巻(発売日未定)に収録されると思われます。

今号の表紙で、カカフカカ6巻は2018年2月13日発売&紙+電子累計で100万部を突破したことが発表されました!めでたい!

 

間違っていることはわかっているものの、ひたすら本行を避ける亜希。わずかな物音を察知し、即退避。あかりと本行の食事は用意するものの、自分は自室でとる。うっかり出くわしたとしても

「あ   おかえり」

「ただいま」

以上…というのがすごくいやでつらいから、また避ける。

だからといって、つきあうのやめようと告げて元通りに戻るとも思えず、戻ったら戻ったで何かいろいろ証明されたみたいですごくいや…。

進むことも引くこともできず、泥の中にいるような亜希に、外へ出たほうがいい、と声をかけたのは、長谷さん。

あかりと3人で飲むことに(トモは塩でもなめさせときゃいーから、と)。

あかりと銭湯帰りに飲んだ居酒屋で、仕事から直行するというあかりを待ちながら飲み始める亜希と長谷。

本行とつきあうということ。

トモを相手にしても虚しい、とは。

つきあって、どうしてほしかったのか。

そんなことを話し込む二人。

結局あかりが仕事で来られず、亜希のおすすめで初めてハイボールを飲んだ長谷は明らかに酔っており…⁉︎

 

感想

 

長谷さんのターン!

私はずっと、長谷さんをどうしても信用できなくて、寺田さんならこうする筈だ、みたいな自分の予測に寄りすぎている気がしたし、亜希と本行との関係も直視せず(ただ行為があっただけ 問題ないよ)、ふと見えた相手の間隙にすかさず効果的なジャブを撃ち込むところとか(マーキングしといたから)、なんか裏があるんじゃないのか?と警戒し続けていたことを告白します。

けど、多分、ない。

申し訳なかった、長谷さん、あんたいいやつだよ…!と、手のひらを返す程には、酔っぱらい長谷さんが可愛かったです。

あと、あかりも、本行も、もちろん亜希に対しても、長谷さんなりに大事にしてるんだなー、ということは伝わりました。

トモは塩でもなめさせときゃいーから→用意されるごはんの有り難みを知ればいーよ

とかね。亜希がどんな思いでごはん作ってるのか、お見通しだし、だからといって本行自身に何を言うでもなく、ただ亜希の心を軽くさせる言葉をさらっとかけられるところとか、対人スキルが強すぎる。強すぎるがゆえにそこに心はあるのかい?みたいな邪推を呼びがちなんですけど。

 

間違いなく、今回のことはタイミングをはかりにはかって、警戒されないようにあかりも巻き込んで、計算ずくに決まってるんだけど、いざ、亜希を前にした長谷さんはちゃんと話しを聞くんだな、って。長谷さんの対人スキルを持ってすれば、亜希さんごとき、自分の思うところに誘導するくらいはわけのないことだと思うんです。

(事実、初期の長谷さんはプロポーズを受けざるを得ない状況(偽装結婚か家を出るか)を作ってますから。)

でもそういうことはせず、酔っているとは言え自分の手の内を明かし、キモいと自省しつつもまっすぐに好意を伝えた。

テクニックを使うところとまっすぐ行くところが的確で、これは亜希さんひとたまりもないなー。そりゃ、こうなりますわね。

私はここの長谷さんにやられました。なんだこれ!なんだこれー‼︎

f:id:ichifmi:20171225022325j:plain

Ekiss 2018年2月号 p390

照れ長谷。ここの前後の流れが最高なんだ、これがまた!

 

今回亜希と長谷さんの会話がなかなか深くてですね、つきあうとはなんぞや、他人に何かを望むとは、のところは是非読んでいただきたいです。押し付けられ続けてきた長谷さんが辿り着いた結論、なのかなあ。

 

さて、何度目かのこういう雰囲気、どうなるのか…。あかりは不在、でも多分これってシェアハウスの近所なわけで。ここで来るか、本行?どうなる、カカフカカ32話は2018年1月25日発売、kiss 2018年3月号 に掲載!

 

カカフカカ30話 あらすじ 感想

カカフカカ30話あらすじ(ネタバレ注意)

 

カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら! 

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下は30話のあらすじ感想です。

30話はコミックス6巻の続きにあたります。

 

kiss2018年1月号掲載(2017年11月25日発売)

 

カカフカカ7巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

「本行とつきあうことになりました」

あかりに報告したけれど

「へえ、そう」

で済まされた亜希さん。本行の素っ気ない態度とあかりの変わらなさに"つきあう"ってなんだっけ?と、思わずネット辞書をひいてしまいます。

過去のおつきあいを思い出し、本行とどうなりたいんだろうと考えながら、頭をよぎるのは…。

f:id:ichifmi:20171125021927j:plain

Ekiss 2018年1月号 p378

でも

だって

やっぱり

と、飲み物を取りにきた本行の服を思わずつかみ、添い寝はいいの?と提案しますが、「買い物しなくていいの?」あかりが楽しみにしてた、と流されます。

何をがんばればいいのか、つきあえたならそれはハッピーエンドだと、一種のゴールだと思っていたのにと、みじめな気持ちでふとみたスマホに、先程の検索画面が。

確かに知ってはいたはずなのに、わかっていなかったことが腑に落ちる亜希さん。

「つきあうっていうことは、両思いになるということとはけしてイコールではない」

 

感想

ほんとに中学生からやり直し始めた。

そもそも亜希さん、本行としたいのはそういうことなわけで、これ、男女逆だとやりたいだけの身体目当てっていわれてしまうやつでは。

でも、両思いという思考に至ったということは、やっと今の本行の気持ちも欲しいって思い始めた、のでしょうか。

本人も自覚しているとおり、添い寝を封じられると使えるカードがまるでなく、とっかかりもない現状を、これからどうやって 打破するのかは興味あります。29、30話と失うものは何もないほど叩き落とされたところなので、もうあとは這い上がるだけだ!がんばれ寺田亜希!(途中で長谷さんに甘やかされて寄り道とかはしないように!)

 

亜希さんの次なる成長は?空回りは止まるのか?次回、カカフカカ31話はkiss2018年2月号(2017年12月25日発売)掲載!

31話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

カカフカカ29話 あらすじ 感想

カカフカカ29話あらすじ(ネタバレ注意)

 

カカフカカ最新34話のあらすじ、感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

以下は29話のあらすじ感想です。

 

kiss2017年12月号掲載(2017年10月25日発売)

 

カカフカカ6巻(2018年213日発売)に収録されました!

 

水族館で亀に見とれたり、子どもにクラゲの生と死を予言されたり、鮫の交尾について熱く語る本行に新鮮さを感じ、嬉しい!楽しい!な亜希。今までは添い寝とごはんの時の本行くらいしか知らなかったけれど、これからはきっと、もっと…!と。

おみやげ売り場を冷やかし、居酒屋へ行ってお出かけは終了した模様。

f:id:ichifmi:20171025022854j:plain

Ekiss 2017年12月号 p308

その顛末を聞き出し、動物園デートと比較、イーブンね!と断ずるあかり。動物園や水族館、生物の生殖がどーだとか、次のお話に使うのでは?と言われ、デート❤️と浮かれた自分を恥じる亜希でしたが、本行の仕事に関われる嬉しさも感じていました。そして一部始終をソファでさりげなく聞いている長谷さん。

おこもり継続中の本行は内緒で購入してあった亜希が欲しがっていたチンアナゴマグネットを差し出し、お礼とお詫びだと…。

 

感想

女性陣のデート話しを耳をダンボにして(想像)聞く長谷さんがおもしろすぎます。よしよし俺の予想通り、という感じでしょうか。

そして本当にその通り、不穏な雲行きとなってきました。

とても嬉しかった寝起きのキスを本気で謝られてしまい、大ダメージを受けて沈む亜希を見ても全く理由がわからず混乱する本行。それを見て本行相手にここで引いてはダメだ!ちゃんと言わなきゃ、ちゃんときかなきゃ、と体勢を立て直す亜希さんえらい。

しかし、肝心の本行自身が…。「つきあったほうがいいならそうするけど」ってそれ、中高生なら女子に徒党組まれて本行くんサイテー!って言われるやつですよ…。過去に本行が彼女からビンタされる現場に居合わせたこともある長谷さん、さすがにわかってらっしゃる。人を好きになったことがない、とはこういうことか!

トモを相手にしても虚しい…まことに持って仰る通り。

だからもう、一生寝ぼけてればいいのに…。

 

人を好きにならないくせに、寝ぼけてキスおねだりはするって、あー、もう、好きになったほうが負けか!成長したとはいえこれは相当手強いですよね、恋愛初心者な亜希、ついでにあかりには。ライバルにフラフラするとか、トラウマがあって女性にコンプレックスがあるとか、そういうわかりやすい困難さじゃないもんな。

引かないで欲しい、とか、もう何もしないって言ったけどキスしちゃう×2、とか、それってどういうことなのか、ここでよーく考えてみてください、本行さん、と言いたいです。ちょっとあなた、身体を野放しにしすぎだと思います!

 

がんばってる亜希さんですが、このままどこまで踏ん張れるのでしょうか。虎視眈々と心折れるタイミングを見計らっている超優良物件(ただし母除く)長谷さんも気になるカカフカカ30話は2017年11月25日発売のK iss1月号に掲載!

30話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net