?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ 43話 あらすじ 感想

カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

ここからはカカフカカ43話のあらすじ感想です(ネタバレ注意)!kiss2019年3月号掲載(2019年1月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

f:id:ichifmi:20190125021007p:plain

 

あらすじ

 

シェアハウスを出ることを決め、貯金のために単発のバイトも始めた亜希。ある日長谷に部屋のゴミ捨てを頼まれて引き受けると、ゴミ箱に明らかに未開封の手づくり菓子を発見。確認すると、手づくりは生理的に気持ち悪い、と。私も手づくりしてますが、と驚く亜希に寺田さんは違う、変な他意もないしちゃんとおいしいし、と笑って話す長谷さん。

様々な場面で自分への態度に違和感を覚え、長谷さんの頭の中の自分は羽が生えてる気がする……とこぼしたところをあかりに聞かれ、わかるかもと賛同されます。あかりは最近長谷の態度がヒドイ、女子全般を蔑み、冷たくしている反面、亜希に対しては信仰というかもはや宗教のようだ、と。

自分とつきあいだしてから明らかにヘンになってきた長谷。亜希はこれからどうするのか……?

 

感想

 

あーーー。長谷さんとともに生きていくというのはこういうことなのだな。彼の中に深く刻まれた傷とそれによって歪んでしまったことひとつひとつと向き合っていく。

一方で本人は無自覚なまま亜希を理想の中に塗りこめ、盲目的に信仰し、依存を深めていく……。

しんどい。これは相当しんどいな。

あかりが正確に把握してくれているというのは心強いが、これは素人が一人でなんとかできるものなのかな。

これまでの二十数年間かけて形成されてきたものを、一度注意深く壊し、正しい場所に戻して再び一から積み上げていく……。人ひとりをを育てるよりも更に難しいと想像しますが。

 

物語はそちらの方向へ舵を切るのでしょうか?

 

長谷さんの物語が強すぎてそちらに目を奪われがちですが、本行の物語もまた動きはじめているようです。

亜希に添い寝は?ときいていやしないよ?とぴしゃりと返される場面はなんだか懐かしく感じるやりとりです。(そうそう最初はこんな風に気軽に誘って断られたり受け入れられたり、そういうお話でしたね???)

とうとう完成した小説を抱えてソファで眠る本行とそれを見守る亜希。この二人の物語が再び交わる時はくるのでしょうか……。

私はくると思っています。楽しみに待ちます!

 

完成した本行の小説は?因縁のリビングで何かが起こる?目が離せないカカフカカ44話は次号Kiss4月号(2019年2月25日発売)に掲載!

 

カカフカカ 42話 あらすじ 感想

kiss2019年2月号掲載(2018年12月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下はカカフカカ42話のあらすじ感想です。

 

f:id:ichifmi:20181225014737p:plain

EKiss2019年2月号 p281

 

あらすじ

事の次第を聞くために長谷と居酒屋へ。企みを認め、嫌わないでほしいとうなだれる長谷をうれしい、かわいい、いとしいと思い、今度からそういう騙す、ハメる、操ろうとするようなことはしないでほしいと告げる亜希。長谷は二度としない(寺田さんには)、ごめんなさい、そしてありがとうと。

「長谷さんと生きてくことを考える」ためにいろいろと動き出す亜希。

一方で本行は?

 

感想

寺田さん!!!あんた、がんばったなあ!!!!

……と、思わず近所のおばちゃんのようなノリで背中をバンバン叩きたくなりましたよ、今回は。

二十代半ばの恋愛ともなれば、惚れた腫れただけではすまない。これまでだってするのしないの、プロポーズだの子どもができたのできないの、散々大騒ぎしてきたわけです。

つきあうということの延長線上には何があるのか。

式だとか旅行だとかそういう華やかなことは一瞬で過ぎ去り、結婚の実体はつまり二人で生活していくということ。結局のところ、ごはんはどうするか掃除はどうするか収入はどう確保するか、ひたすら二人でそういうことを積み重ねていこうよ、私とあなたと……なんですよね。

不安定な収入で同棲相手からのプロポーズをふんわり待っていた亜希さんが、きちんと痛い目にあって人と関わるうちに失った自信を取り戻し、そのきっかけとなったシェアハウスを出て行く決心をつけたのは本当によくがんばった。10年という月日の間染みついた考え方のクセを直す(しかも社会人になってから)というのはなかなかできることではない、と思います。

 

で、そうなってくるとだ。

果たして求められることに価値はあるのか?

……となってくるのかもしれないなー。今は必要とされ、求められることがうれしくても。

収入があり、生活能力に優れ、精神的に安定した女性が欲しいな、と望むもの。

 

さて、またもや不穏な雰囲気の中次号、カカフカカ43話はどうなるのか?亜希と長谷は変わっている。小説を書き上げた本行はどうなんだろう?今まで書けなかったものが書けるようになり、できなかったものができるようになり。

個人的に本行の内面にはものすごく興味があるので、いつかわかるといいなぁと思っています。

楽しみだ!

 

 

 

カカフカカ 41話 あらすじ 感想

カカフカカ最新42話のあらすじ感想はこちら(ネタバレ注意)!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下は41話のあらすじ感想です。

kiss2018年11月号掲載(2018年9月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

f:id:ichifmi:20181124010755p:plain

Ekiss 2019年1月号 p297

 

あらすじ

「約束」が明らかになり、つきあった途端にそっけなくなったわけでも、自分に興味がなくなったわけでもなかった上、長谷に不安を煽られ、逃げ道へと誘導されていたことに気がついた亜希。

シェアハウスを解散したとしても添い寝はしたい、寺田さんとハセがつきあってんのもやっぱりやだ、と言う本行に一瞬「まだ求められている」と浮かれそうになるものの、結局本行が求めているのは最初から一貫して添い寝だけだったと思い止まります。

 

半ば長谷に騙された形になったことで、このまま長谷とつきあって行けるのか、「そこまで必要ない」と言われたショックと合わせて考えこむも、とりあえず本人に聞いてみよう、と長谷を呼び出し……?

 

感想

まんまと、と思いつつも汚い手を使ってでも自分を求めてくれることを嬉しく感じてしまう亜希さん。さすが求められしりふわ!添い寝は求められるうちに入らない?身体より気持ち的に求められたいっていうこと……いやいや、そもそも身体か気持ちかの二択っておかしいんだけど。

両方求めろやゴルァ!って亜希さんが暴れる展開はまだですか?

そして亜希さん自身が求めるものってなんなんだろう?

長谷さんとつきあってこの先どうしたいんだろう?

本行とよりを戻したとしてどうするのか?

そこらへんが全然見えませんが、そうこうするうちに本行の小説が完成したようです。カカフカカ42話ではその内容が明らかになったりするのかな?

最後にシェアハウスの良心、あかりが登場したのも気になります。あかりは亜希や長谷さんのことに関しては割と正確に把握してそうなんだけど、本行についてはよくわからない。本行の小説、この先のストーリーにおいて重要ポイントになる予感がします。

 

カカフカカ42話は2018年12月25日発売のkiss2月号に掲載!

カカフカカ 40話 あらすじ 感想

カカフカカ40話です(ネタバレ注意)!kiss2018年11月号掲載(2018年9月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

最新41話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 以下は40話についてです。

あらすじ

「本行は別に、私のこと好きではないんだよね?」

「わかんない」

その答えに亜希は「好きじゃないって言えばいいじゃん!」と告白した時やつきあいたいと言った時の態度をあげると、つきあったらことごとく嫌われるために、つきあうことに良いイメージがない、中学のときも明らかにつまらなそうだった、と言われぐっと詰まります。

イエスかノーか、なのにわかんないとはどういうことかと食い下がると、執着や独占欲はあると思うが、それも性欲の延長のような気がしてわからない、と。

腑に落ちた亜希は、その性欲も今はそこまでではなく、もうすぐ小説もできるのだから添い寝も必要ないのでは、と言いかけ……。

 

f:id:ichifmi:20180925013303j:plain

Ekiss 2018年11月号 p363

 

感想

40話にしてようやくまともに会話が噛み合った!

亜希さんが成長してる!

話が逸れそうになったら戻し、ナメたこと言われたらイラッとしてツッコみ……フツーの反応ができてる!すごい!

あの時、中学生だった本行の部屋で見下されたと感じたことから始まった卑屈の呪いがやっと解除されたのでしょうか。

10年前にすませておくべきことが40話かけてやっとできました。

今まであえて言及しませんでしたが、やっぱりそれくらい大きい傷をつけるんですよね、合意のない性行為は。

いや、ほんと、引用した「……は?」に添えられた「イラッ」は途轍もなく大事だと思います。ここ、これまでの亜希さんだったら下手するとキュンとしてましたからね、なんたって求められ尻ふわですし。

正直ここで亜希さんが覚醒するとは思っていなかったのでかなりびっくりしました。そして改めて男性陣の甘ったれぶりが際立ちます。

かたや好きかどうかわからんけど添い寝したい、あわよくばヤりたい、独占したい。かたやそばにいたい、話をしたい、触れたい、でもヤりたくはない。

こう書くと身も蓋もないな。でもまあそういうことですよね。

私、本行さんにはそうは言っても好きなんだよね、と期待しておりましたので今回多少失望しました。そこで好きと言わないのはむしろ誠実なのかもしれませんけどね。でもだったら手も出すな。長谷さんもね。何がそういう対象にはしたくない、だ。

亜希さんにはどうかこのままの勢いでビシッとしてほしいですね、本行には好きでもないのに触るんじゃねえ、と。そして長谷さんには私はあなたのママじゃない、と。

……亜希さんはさっさと自立して家を出るべきだよね。

 

勢いで書きましたけど、この先手強い本行を覚醒した亜希さんがラブで捩じ伏せるのをすっごい楽しみにしてますから!長谷さんにも同じ土俵に上がって欲しかったけれど、彼は別の場所にへ旅立ってしまったようなので。長谷さんに引導を渡す亜希さんも楽しみだなぁ。

 

来月号はお休み!カカフカカ41話は2018年11月25日発売のkiss1月号に掲載!

いい機会なのでちょっとゆっくり1話から見直そうかな。

 

 

 

カカフカカ 39話 あらすじ 感想

kiss2018年10月号掲載(2018年8月25日発売) 

カカフカカ8巻(発売日未定)に収録されると思われます。

カカフカカ最新40話あらすじ感想はこちら!

blog.2kkfkk2.net

以下は39話のあらすじ感想です。

あらすじ

シェアハウス解散を切り出した長谷にイヤだ、絶対ムリと断固拒否する本行に賛成したのはなんとあかり。シェアハウスを解散したら私のごはんはどうなるの?と。

でも現部屋主である長谷の意向には従うべきだから、どうしても解散したいと言うならば長谷以外の3人で部屋を借りてルームシェアする、と宣言。

どうやらあかりが本気らしいことを悟った長谷は、これから追い追い話していこう、と一旦お開きに。

あかりに長谷との最近の様子を「ままごとかごっこ遊び」と言われた亜希。あかりに否定の意思はなく、形から入るのは大事だし、特に長谷には向いている、順調にいっているみたいだから、もう少し余裕を持て、と話します。そのこころは本行の執筆が一段絡するまではヘンなことをするな、ということなのでした。

あかりの指摘に納得し、長谷の部屋を訪ねた亜希。身体の関係に頼ろうとするのは形から入るということと同じでそれもありなんじゃないか、最初は気持ちを伴わなくても、もっとちゃんと長谷のことを好きになるためにもそういうことをしたいです、と宣言します。

長谷の答えは?

 

感想

またもや出ました、あかりの名言!

「求められ尻ふわ‼︎」

ハイみなさんご一緒に、

「求められ尻ふわ‼︎」

f:id:ichifmi:20180825013622j:plain

Ekiss 2018年10月号 p415

未だかつてこの物語の主人公についてこんなに的確なフレーズがあっただろうか、いやない。言われた本人が一番納得してるし。残念なのはそれを利用してる男性二人の反応が描かれていないことですが、あかりが自分が最強って言ってるし、まあいいや。

あかりかわいいよあかり。

実はあかりは一旦長谷の事情を汲んで解散に乗る方向で口を開いているのですが、本行の断固拒否の暗黒オーラを見て反対にまわっているのですよね。

本行がなぜ反対するのか、その理由を気づいているのかいないのかまでは描かれていません。私は気づいているんじゃないかなー、と思っています。でもあかりの中では何よりも大切な「本行の小説」のために最善策を取ったのではないかと。

多分亜希さんの料理に惚れこんでいるのも本当だし、長谷のことを心配していて、亜希とままごとから入るのは有効だと思っているのも本当、だと思います。

シェアハウス解散反対を主張するにあたり、あかりが無理をしているようには見えないので、男性としての本行についてはあかりの優先順位としてだいぶ下にありそうですね。

さて長谷さん。またもや亜希さんに迫られて言っちゃったのが、

「そこまで必要ではないかな」

あー。言っちゃった。

あかりに図星突かれて動揺したんでしょうか。それとも亜希に、最初は気持ちが伴わない行為でもニセモノじゃない、本物になるって本行との経験に基づいて言い切られて真っ向勝負する気になれなくなったのでしょうか。

いいじゃん、今はままごとだって。いつか本物になればさ。本物になるときまで待ってって。寺田さんが大事だから待ってって言えばいいのにーー!

だからほら、亜希さん本行にとんでもないこと聞いちゃうじゃん。そんなこととっくの昔に、なんなら中学生の時に聞いとけよ!ってこと聞いちゃったじゃん!

ああああ、本行はなんて答えるのか?

1カ月が長い!しかもカカフカカ8巻への収録は多分ここまでだぞ……。何ってことだ!

 

本行の答えは?カカフカカ40話は2018年9月25日発売のkiss11月号に掲載!

カカフカカ 38話 あらすじ 感想

kiss2018年9月号掲載(2018年7月25日発売) 

カカフカカ8巻(発売日未定)に収録されると思われます。

最新39話のあらすじ感想はこちら! 

 

blog.2kkfkk2.net

長谷と買い物をする亜希。約束通り豆ごはんを作るための買い出し。豆とは、というところからいろいろ残念な長谷に教えながらスーパーを歩くふたり。帰宅した玄関先で外出する本行に鉢合わせ。

寺田さんと豆ごはん作るからよかったらトモも食えよ、と声をかけるも、いらない、と不機嫌さを隠しもしない本行。

 

「長谷、…もうすぐできるから、小説」

 

と言って出かけて行きます。

長谷と豆ごはんを作りながら本行のことで頭がいっぱいの亜希。小説書けるんだ、じゃあ朝元気が復活したのか?ナシでも書けるのか?さっきの不機嫌さは?

 

ーー改めて実物の生身の本行が目の前にいるというのは思った以上につよい

 

小説ができたら部屋に籠らなくなって、ちょくちょく顔を合わせるようになる?それはキツい、うん、だからやっぱり。

豆ごはんを食べ終わり、長谷に「しないんですか?」と切り出した亜希は…?

 

感想

引き続き長谷さん癒しルート。長谷さんの意外な残念加減が新鮮。スーパーなんて行かないし、教えてくれる人もいないもんね…と不憫に思ってしまったけれど、でもこの残念さを隠しもしない長谷さんはなんか良い傾向では?とも。取り繕おうと思えば簡単にできるはずだし、これまではそうやってきたんだろうけどそれをしない、ということが。

一緒に買い物をし、たわいない話をしながら料理を手伝い、向かいあって食事をする…長谷さんが見込んだ通り、着々と家族的なことを積み重ねているふたり。これを繰り返し繰り返しした先に、もしかしたら恋愛があるのかもしれないし、明確にないまま夫婦という家族になって行くのかも、と考えてしまった。亜希さんもうすうすそれは感じていて、だからこそ焦っている。

しないの?早くしたい、と伝えるも、長谷の答えは「焦りたくない。」さらに、寺田さんはほんとに俺としたいと思ってる?俺としなきゃっていう義務じゃなくて?と逆に聞かれ、身体に依存しようとしていたことを見透かされたようで恥じ入ってました。

ここで、そんなことしなくても寺田さんが大事だし、好きだよ、と真っ直ぐに伝える長谷さんつよい。抱けば安心するのはわかっていても敢えてしない、んだよね。で、ちゃんと言葉で伝える。すごい、長谷さん百点満点だと思う。

あの環境で育って、やっぱり歪んでいるし、本人も自覚してるのに、どうしてこんなにちゃんと亜希に向き合えるんだろう。もう、なんていうか長谷さんに落度が何もない。やれることは全てやっていて、なおかつ自分のリハビリも淡々と進めているのほんとすごい。

 

でも。その完璧な長谷さんの手の内からもぎ取って行くんだろうなあ…本行。

f:id:ichifmi:20180725010855j:plain

Ekiss 2018年9月号 p335

 

ほらね。こういう表情ひとつで簡単に崩されるんだ。

 

 

 

ここに来てカカフカカ、というタイトル及びテーマがくっきり鮮明になってきていて、すごいなあ…と思います。やってること見たらスーパー尻ふわビッチ以外の何者でもない亜希さんの視点に自分が確かに立たされているのがね…。ほんと、唯一無二の漫画だと思います。

 

シェアハウスの行く先は?本行のターンいつ始まりますかね?気になるカカフカカ39話は2018年8月25日発売のKiss10月号に掲載!

カカフカカ37話 あらすじ 感想

 カカフカカ37話です(ネタバレ注意)!kiss2018年8月号掲載(2018年6月25日発売) 

カカフカカ8巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 カカフカカ最新38話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 以下は37話のあらすじ感想です。

一泊温泉旅行の帰り、会社に寄って帰る、と駅で別れた二人。

長谷ははじめはもちろんそのつもりだった、と回想を始めます。

寺田さんを確実に手に入れるために、流れで"そう"なった本行と差をつけようと選びに選んだ、場所、シチュエーション、雰囲気…。

しかし、あれ?酒入れすぎたかな?緊張してる?ちょっと間を置こう…かーらーの、露天風呂一緒に入りませんか攻撃!亜希から言ってもらえたこと、目の前に服を着てない亜希の背中があって、自分の言葉に緊張する様子が妙にうれしい。何かがものすごく満たされてる感じはあるのに、反応はしません。

そんな自分に戸惑いながら、でも今は、と話をしようと誘う。そしてごはんの話。さがしていきましょ、とさらりと言う亜希に、ああ、やっぱり寺田さんが好きだなあと。

そしてそれぞれベッドに入り、もし、亜希が自分のベッドに入って来たら、抱きしめて、頭をなでて、そのまま眠ろう、それでいけるはず、むしろソレがしたいな…と考えながら眠り、そのまま朝に。

一方、帰宅した亜希は本行に呼び止められ⁈

感想

長谷さん…。

前回を長谷さん視点で。長谷さん亜希のこと大好きだね?そばにいるだけで満たされちゃって、そういうことはどうでもよくなっちゃってます。

やっぱり長谷さんにとって、ごはんの話みたいな、それこそが大事なことなんですね。亜希さんには多分伝わってないけど!まあ亜希さんは"彼氏"を求めていて、長谷さんは…これ、お母さんだよね、求めてるの。

このすれ違いが切ない。

そして、お久しぶりです、本行さん。相変わらずブレません。彼にとって大事なことは、やったかどうか。

関係なくても知りたい、とぐいぐい来て、亜希をかき乱します。耐えられず部屋に戻る亜希。

さあ、ここから本行のターン、始まるか?

いや、待ちに待ってましたよ?どうまわり道したって、カカフカカは本行と亜希の物語なので。

でも、前回から長谷さんを癒す亜希、亜希とたくさん話して、間違ったり、やきもちやいたり、喧嘩したり、そういう普通のことを積み重ねて、長谷さんが長谷さんを取り戻し、亜希さんと幸せになる、それも見てみたいなあって思っています。恋愛まで至るのはすごい先になりそうだけど。

 

石田せんせい、本行エンドと長谷エンド、両方描いてくれないかなー。

とか書いておいて、多分本行のターンに滾りまくる未来が見えるんですけどね。やっぱりぐいぐい来る本行、好きだ!

f:id:ichifmi:20180625011513j:plain

Ekiss 2018年8月号 p167

 

いよいよ本行のターンか?カカフカカ38話は7月25日発売のkiss9月号に掲載!

あらすじ感想はこちら!

 

 

blog.2kkfkk2.net