?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ 第1話 ネタバレ 感想

カカフカカ第1話
あらすじ

同棲していた彼氏の浮気現場に踏み込んだ寺田亜希24歳、フリーター。
結婚してシェアハウスを抜けるという友達に代わって男2人、女2人の共同生活にとびこんだものの、そこで再会したのは自分が世界の中心で無敵状態だった中学時代の彼氏でもろもろの初めての相手、本行智也。

 

本行に台所を案内してもらっていると、亜希の頭上に重い鍋が!とっさに覆いかぶさるように亜希をかばう本行。

しかし。

 

 

f:id:ichifmi:20161002065753p:plain

カカフカカ1巻 p27


しりに何かかたいもんあたっとる。

本行に対し警戒MAXの亜希。ちょっと相談があるから部屋行っていい?と差し出される手をピシッとはたき、
「一歩でも部屋入ったら…ちぎる」
とぶち切れて部屋にこもります。

本行にかかわらないと決めた亜希ですが、毎晩毎夜酒と香水のにおいを漂わせて廊下に転がっているご乱行に耐えられず、ついに文句を言いに行きます。

そこで突然抱きしめられ、またもやしりにかたいなにかを感じ取る亜希に対し
「実は俺ここ2年ほど、ぜんぜんたちません」
と相談を始める本行。
たたない筈なのになぜか亜希には反応するから、亜希が唯一の希望だ、と。
「ヘンな意味じゃなく協力してほしい、絶対ヘンなことはしないから」

感想
再会して早々危機を救ってくれる元カレ、しかも体が密着!家には二人っきり!!ありがちなドキドキシチュエーションど真ん中。なのに…この展開。
ネット広告でさんざん「たたない元カレに協力を求められ」みたいなのを見せられていたので、当然「いやがる(フリ)私に熱っぽく迫る元カレ、その先にはめくるめく世界が(適当)」みたいなのを想像していたわけですよ。
いやー、ほんともう、裏切られまくり、いい方に。この、全読者(あえて断言)の期待の斜め上を行くストーリーと雰囲気には脱帽です。

そしてキャラクターです。中学時代はこわいもんなしで、キラキラしていたのに高校、大学、就活と小さな挫折を繰り返し、だんだん小さくなってくる自信。社会人をやっている人は結構な割合で身に覚えがあるある、なんじゃないでしょうか。

一方表情に乏しく、いまいち考えの読めない本行。淡々とした表情から繰り出される大胆な行動にドキドキさせられます。

第一話の扉絵は赤いリボンに手をかける亜希と本行。10年の時を経て再会した二人の、なんとも暗示的なイメージです。これからはじまる物語に、期待大、です。

 

 

blog.2kkfkk2.net

 

保存