読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実©にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ 第15話 ネタバレ 感想

漫画 感想

ここからは2016年12月13日(火)発売のKiss コミックス「カカフカカ」 第4巻に収録されました!

 

カカフカカ 第15話(コミックス4巻収録)

あらすじ

 

 

「検査薬使った?」「できてたらいーのに 子供」「だってそうしたら寺田さんと俺結婚する確率高くなるし」「できててもできてなくても してよ 俺と」

本行と協力して高熱の長谷をなんとか寝かしつけたところで「ずももももも」と本行からものすごいオーラが(笑)

「にんしんしてんの? 寺田さん」続いて衝撃の質問…!!

 

そうこうするうち亜希に月のものがおいでになり、晴れて妊娠疑惑は解消。告げられた本行は「……なんだ」。そして”添い寝”を予約しようとします。抵抗しつつも結局断れるはずもなくなんだか悔しい感じの亜希にさらに追い打ちをかけるように「キスすんのはヘンなこと?」と。脱力して「いや もう 本行のすきに…」と返すと早速キス…しようとしてやめたーーーー!!

「俺わりと直結してるほうだから」「オヤスミ」と謎の言葉を残しふすまを閉める本行。終始ふりまわされっぱなしの亜希さんでした。

 

そしていよいよ約束の日、ついに…!?

 

感想

前話まであかり、長谷とフィーチャーが続きストーリーが広がった反面、亜希×本行成分不足に苦しんでいたわたくしにはちょっといきなり刺激が強すぎてニヤニヤがとまりません!なに考えてるかさっぱりわからないけどぐいぐい来る本行、どぎまぎわたわたふりまわされる亜希、そう、これ!

 

それにしても前回添い寝からの亜希の提案にはちょっとうろたえていて不安そうだったのに、どうしちゃったんでしょうか。

長谷と亜希が子供がどうこうという仲だと誤解して→ずもももも

誤解が解け、自分の子供ができたのかも→そーゆー可能性がぜったいあることなんだ→ちょっと興奮するよね

上はわかる。下がさっぱりわからん。2年間、希望が見えなさすぎて「する、とは」みたいな哲学的な分野に入りこんでしまったんでしょうか。

そしてまたまた遮られた「じゃあさ、寺田さ…」の続きはなんだったのか。

 

これまで添い寝をするたび、ちょっとずつステップアップ(あてるだけ→ちょっと動かす→このままの体勢でやってみる)するように最終目標に近づけてきた本行さん。結構堅実に進めてます。いや、前回で達成してるし、むしろそんなアプローチの仕方でできちゃうほうがよっぽど難易度高くね?と若干思ったりもしますけどね。一応約束では今度が添い寝最終回ですので、万全の体制で臨むために必要なのが「キス」ってことですかね。

 

一方の亜希さん。「期待なんて もうするつもりなかったのに しちゃだめだって思ってるのに」「あー、バカだな」「ーうん バカなんだろうとは 思うけど」「でもやっぱり ーこうやって 本行に触れられることを すごく嬉しいと思ってしまうから」

かわいい。

 

f:id:ichifmi:20161021235812p:plain

Ekiss 2016年6月号 p199

 

表紙はカラー!!赤いリボン、こんがらがってますね…。

 

blog.2kkfkk2.net

 

保存

保存