読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実©にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

「ハイばんざい」について熱く語る

漫画 感想

「ハイばんざい」とは、カカフカカ4巻に収録された第16話のひとコマです。f:id:ichifmi:20170108223020p:plain

カカフカカ4巻 p45

 

このコマがかわいいんですよ!という話をします。(がっつりネタバレしてます)

 

できれば合わせてこちらをご覧ください。

このコマの舞台となった本行の部屋はシェアハウスの中でどこに位置するのか?亜希と本行の関係は間取りなくして語れない!間取りから本行の本心を考察してみました!

blog.2kkfkk2.net

 ここで少し触れた、「ハイばんざい」に至るまで、を語ります。

 

まず、少し遡って15話から。

予約もした、キスの許可も取り付けた、でも肝心の報告がない。もうさすがに終わっただろうとリビングで待ち構え、ようやくこぎつけた添い寝最終回。

f:id:ichifmi:20170109001355p:plain

カカフカカ4巻 p33

 

f:id:ichifmi:20170108232147p:plain

カカフカカ3巻 p104

 

本行にとってはめんどくさいはずの入浴なのに(普段はシャワーだけ)、この日は多分亜希のためにちゃんとお湯をはり、いつもならぼーっと1時間くらいかけるところ、お湯が冷める間もないくらいさっと済ませて、出てすぐ亜希を呼びに行ったのではないでしょうか。今ならお湯沸いてるよ、寺田さんも入ればって。

言われた通り続けて入り、上がってすぐ、ホカホカのままリビングに直行し、襖を開けた亜希、ベッドに座って待つ本行…ということだと思うんですよ、この会話から推測するに。

あー、二人ともかわいいなあ…。

 

このお風呂についての会話、最初読んだ時には若干不自然さを感じましたが、二人の緊張とか気まずさを現してるんだな、と読み流していました。それもそうなんだけど、それだけじゃなかった!めっさ気を使ってる、本行さん。そして気合い入りまくり。

この会話の意味に気がついたとき、やっぱりすごいな石田先生、と思いました。

しかもこれ、前回の添い寝の前に亜希がお湯はって本行もあとで入れば?って言ったのを覚えてたんじゃないかなー。

某所で本行が挨拶するようになったのは亜希に挨拶されたからじゃないか、と書いてる方がいましたが、うーむ、そうなのかも。

 

閑話休題。

正面からのキス、そして”直結した”横顔をはさんで左手ホールド付きの「こういう」キス。更にその先へ進もうとしておあずけをくらい、不満気な本行さん。亜希の疑問に答えつつも、口はへの字口のまま(笑)

いつもの調子を崩さない亜希と話すうち、反省したのか(がっつきすぎ?)、落ち着いてきたのか、こちらもいつも通りに戻ります(手は亜希の服につっこんだまま)。

そして続けます(敬語)…からの「ハイばんざい」!

 

どうしてここで、あえて服を脱がせたんでしょうね?さっきまでの流れだと、押し倒してそのまま勢いでなだれ込む感じでしたけど。

 

もう待てない、というのはひとつありそうです。散々待て、されましたもんね。

最終確認、というのもありそう。

前回の添い寝の時のように服を着たままとか中途半端なことはしませんよ、というのもあるかな。

照れ隠し、は絶対ある。

 

そして何より、素直に従う亜希さんですよ。なんでしょうこの関係は。

私が長谷さんなら、どんな行為を見せられるより脈のなさを思い知ると思います。だって「ハイばんざい」だもん。言うか?そしてするか?ってつっこみます。

 

あの小さなコマに、他のどんな組み合わせでも出せない二人の関係性がズバリ描かれていて、私の大好きな場面なのです。

相手をある程度信用してて、ちょっと雑に扱う、のがツボなのかなぁ。(ツイッターのヘッダーにもしている「友達の婚約者じゃなくてもどうかと思うよ?」も好き)

でもこういう、それまでの緊張感をふと緩ませる、崩したコマのセンスは石田先生独特で、これが唯一無二な雰囲気につながっている気がします。

 

さて、16話でもう一つ気になるのがまくら半分こ。以前少し触れましたが、加筆されてさりげなく強調されていることから、これも多分意味があると思います。普通に考えたら、添い寝de寝直しじゃないなら、一緒に寝る必要はないわけです。本行の部屋から出て来たのを目撃されたらアウトなので、朝よりは夜中のほうが危険は低いはず。だけど半分こねって言われたらそりゃ帰れるわけがない。

「今までありがとう」の破壊力も増すというものです。

 

この、カカフカカ第16話が掲載されたのが2016年6月25日発売のkiss8月号。第17話の発表はきっちり2ヶ月後、8月25日です。この2ヶ月、あまりにもカカフカカのことで頭がいっぱいになりすぎて、いろいろいろいろ考えすぎて、ついにパンクしてできたのが、このblogです。アウトプットしないと死ぬ、と思いました。インターネットがあって本当に良かった。

 

問題の第16話、感想はこちらから!

blog.2kkfkk2.net

本稿と合わせて是非! 本行の定位置、ソファ右端 からは何が見える?当blogの主張と長谷さんの見解が一致した間取り考察第一弾はこちらから!

blog.2kkfkk2.net

カカフカカ4巻、暴走した長谷さんとピンチの亜希の続きはどうなった⁉︎ 20話ネタバレ感想はこちらから!

 

blog.2kkfkk2.net

 ついにあかりに打ち明ける、のか?そして本行のとった衝撃の行動とは?

blog.2kkfkk2.net

 最新話!亜希と本行のいろいろを知ってしまったあかりの反応は?

blog.2kkfkk2.net