?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ37話 あらすじ 感想

 カカフカカ37話です(ネタバレ注意)!kiss2018年8月号掲載(2018年6月25日発売) 

カカフカカ8巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 カカフカカ最新38話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 以下は37話のあらすじ感想です。

一泊温泉旅行の帰り、会社に寄って帰る、と駅で別れた二人。

長谷ははじめはもちろんそのつもりだった、と回想を始めます。

寺田さんを確実に手に入れるために、流れで"そう"なった本行と差をつけようと選びに選んだ、場所、シチュエーション、雰囲気…。

しかし、あれ?酒入れすぎたかな?緊張してる?ちょっと間を置こう…かーらーの、露天風呂一緒に入りませんか攻撃!亜希から言ってもらえたこと、目の前に服を着てない亜希の背中があって、自分の言葉に緊張する様子が妙にうれしい。何かがものすごく満たされてる感じはあるのに、反応はしません。

そんな自分に戸惑いながら、でも今は、と話をしようと誘う。そしてごはんの話。さがしていきましょ、とさらりと言う亜希に、ああ、やっぱり寺田さんが好きだなあと。

そしてそれぞれベッドに入り、もし、亜希が自分のベッドに入って来たら、抱きしめて、頭をなでて、そのまま眠ろう、それでいけるはず、むしろソレがしたいな…と考えながら眠り、そのまま朝に。

一方、帰宅した亜希は本行に呼び止められ⁈

感想

長谷さん…。

前回を長谷さん視点で。長谷さん亜希のこと大好きだね?そばにいるだけで満たされちゃって、そういうことはどうでもよくなっちゃってます。

やっぱり長谷さんにとって、ごはんの話みたいな、それこそが大事なことなんですね。亜希さんには多分伝わってないけど!まあ亜希さんは"彼氏"を求めていて、長谷さんは…これ、お母さんだよね、求めてるの。

このすれ違いが切ない。

そして、お久しぶりです、本行さん。相変わらずブレません。彼にとって大事なことは、やったかどうか。

関係なくても知りたい、とぐいぐい来て、亜希をかき乱します。耐えられず部屋に戻る亜希。

さあ、ここから本行のターン、始まるか?

いや、待ちに待ってましたよ?どうまわり道したって、カカフカカは本行と亜希の物語なので。

でも、前回から長谷さんを癒す亜希、亜希とたくさん話して、間違ったり、やきもちやいたり、喧嘩したり、そういう普通のことを積み重ねて、長谷さんが長谷さんを取り戻し、亜希さんと幸せになる、それも見てみたいなあって思っています。恋愛まで至るのはすごい先になりそうだけど。

 

石田せんせい、本行エンドと長谷エンド、両方描いてくれないかなー。

とか書いておいて、多分本行のターンに滾りまくる未来が見えるんですけどね。やっぱりぐいぐい来る本行、好きだ!

f:id:ichifmi:20180625011513j:plain

Ekiss 2018年8月号 p167

 

いよいよ本行のターンか?カカフカカ38話は7月25日発売のkiss9月号に掲載!

あらすじ感想はこちら!

 

 

blog.2kkfkk2.net