?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

最新話 カカフカカ 41話 あらすじ 感想

カカフカカ最新話です(ネタバレ注意)!kiss2018年11月号掲載(2018年9月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

f:id:ichifmi:20181124010755p:plain

Ekiss 2019年1月号 p297

 

あらすじ

「約束」が明らかになり、つきあった途端にそっけなくなったわけでも、自分に興味がなくなったわけでもなかった上、長谷に不安を煽られ、逃げ道へと誘導されていたことに気がついた亜希。

シェアハウスを解散したとしても添い寝はしたい、寺田さんとハセがつきあってんのもやっぱりやだ、と言う本行に一瞬「まだ求められている」と浮かれそうになるものの、結局本行が求めているのは最初から一貫して添い寝だけだったと思い止まります。

 

半ば長谷に騙された形になったことで、このまま長谷とつきあって行けるのか、「そこまで必要ない」と言われたショックと合わせて考えこむも、とりあえず本人に聞いてみよう、と長谷を呼び出し……?

 

感想

まんまと、と思いつつも汚い手を使ってでも自分を求めてくれることを嬉しく感じてしまう亜希さん。さすが求められしりふわ!添い寝は求められるうちに入らない?身体より気持ち的に求められたいっていうこと……いやいや、そもそも身体か気持ちかの二択っておかしいんだけど。

両方求めろやゴルァ!って亜希さんが暴れる展開はまだですか?

そして亜希さん自身が求めるものってなんなんだろう?

長谷さんとつきあってこの先どうしたいんだろう?

本行とよりを戻したとしてどうするのか?

そこらへんが全然見えませんが、そうこうするうちに本行の小説が完成したようです。カカフカカ42話ではその内容が明らかになったりするのかな?

最後にシェアハウスの良心、あかりが登場したのも気になります。あかりは亜希や長谷さんのことに関しては割と正確に把握してそうなんだけど、本行についてはよくわからない。本行の小説、この先のストーリーにおいて重要ポイントになる予感がします。

 

カカフカカ42話は2018年12月25日発売のkiss2月号に掲載!