?可か不可か?

講談社月刊誌Kissに連載中の「カカフカカ」石田拓実作にまつわる由無しごとををつらつらと書き連ねるブログです。

カカフカカ 44話 あらすじ 感想

カカフカカ最新話のあらすじ感想はこちら!

 

blog.2kkfkk2.net

 

以下はカカフカカ44話のあらすじ感想です。

(ネタバレ注意)!kiss2019年4月号掲載(2019年2月25日発売) 

カカフカカ9巻(発売日未定)に収録されると思われます。

 

f:id:ichifmi:20190225021022j:plain

Ekiss 2019年4月号 p364


 あらすじ

リビングのソファーで眠る本行の腕から何かがすべり落ち、拾い集めようとした亜希は、それが執筆中の原稿用紙であることに気がつきます。思わず読んだあとなんとも言えない気持ちになり、眠る本行に触れようと……。

   一方で亜希はあかりから、長谷に「お持ち帰り」されたと言ってまわっている人の噂があることを聞かされます。モヤモヤしながら湯船にお湯をためようとしたところ、鍵の故障で洗面所に閉じ込められてしまいます。しかも浴室には本行が⁉︎

 

感想

自分に一番高い値札をつけてくれ、それは今もそうであるはずなのに、長谷が自分ではない女性を抱いたことに傷つく亜希。誘っても断ったくせによそでやるんかい!ってなりますよね……。あんなのはほぼただの排泄だから、と言い切る長谷さんの歪みっぷり、本当に根深いですね。これ、もはや治療が必要なレベルなのでは。自分の彼氏がこんな状態だったらと考えると相当しんどい。

そんな状況で図らずも、本行の小説で主人公がヒロインに噛みつくシーンの生々しさに自分を重ねてしまった亜希。追い討ちをかけるように狭い空間に本行とふたり。ここですかさず「久しぶりに寺田さんと近くてちょっと嬉しいかも」「噛みあと」「キスマーク」とのっけてくる本行さんさすがです。

長谷さんとそんな状態のところに小説で内面から揺さぶっといて全裸本行(その後服は着るが)と密室でふたりきりとか、状況が過酷すぎる……。

流され系ヒロイン試されすぎでは?

 

そうは言っても本行は本気で嫌がることはしない筈、小説を読んじゃった亜希さん次第だろうとは思いますが。例え何も起こらなかったとしても状況だけで長谷さんがますます歪みそう……。自分はよそで排泄しても、やっぱり「寺田さんにさわってほしくない」なんだろうか。

ここで本行に長谷さんの相談をしてみたりしたら新しい展開だけど。精神的に何かを共有されるのも長谷さん的には複雑だろうな……。

あー、この状況がそれぞれに引き起こすことを考えるとワクワクしますね。早く次回が読みたいな!

続きがめっちゃ気になるカカフカカ45話は2019年3月25日発売のKiss5月号に掲載!

 

そして石田拓実先生がカカフカカについてがっつり語っているすごい対談が大変

 


興味深かったので是非読んでみて下さい!

 

comic-days.com

comic-days.com